超実践主義のネイルスクールです。就職先は100%ご紹介いたします!

就職先100%紹介の実践重視ネイルスクール|ネイルプロ

 03-3446-3387

受付時間:平日9:00~17:00

受講風景密着レポート

受講風景密着レポート01 第4回

更新日:

短期間で接客できるレベルにしてもらえたことが驚きです。

受講生プロフィール
オオノさん(28)*
群馬県前橋市出身。
高校卒業後は美容系の専門学校へ進学し、メイク術やネイル、エステなどのカリキュラムを習得した。
卒業後はエスティシャンや美容部員などを経験。
現在はネイリストになるべく、片道2時間かけてスクールに通っている頑張り屋さん。
*取材当時

受講風景レポート

プロフェッショナルジェルネイリスト養成スクール ネイルプロに通学してネイリストを目指す受講生、オオノさんに密着して受講風景を撮影させて頂きました。(第4回)


Step 14
サンプルを使って色やラメの深さの希望を聞くオオノさん。
お客様ごとにリクエストが違うので、それを上手に聞き出し、また爪が伸びることを前提とした提案などもしなければネイリストは務まりません。

Step 15
いよいよラメグラデーションを作ります。
クリアジェルとラメパウダーの適量をしっかり覚えることが重要です。

Step 16
ラメを乗せた範囲にベースジェルを塗り、ザラつきをコーティングします。
講師のモモセ先生からも熱心な指導が行われていました。

Step 17
トップジェルを塗布し、艶出しを行います。
オオノさんもさすがに手慣れてきました。

Step 18
未硬化ジェルを拭き取ります。
拭き取りが足りないと、綺麗な艶が出ないのです。

Step 19
爪の先端をエメリーボードで整えて行きます。

Step 20
ダストブラシでダストを払います。
オオノさんも堂々としていて、だんだんネイリストらしく見えてきましたよ。

Step 21
キューティクルオイルを塗布して仕上げます。
出来栄えに満足したのか、オオノさんにも自然と笑みがこぼれます。

施術を終えたオオノさんとモモセ先生のツーショット。
二人とも素敵な笑顔です。
どうやらお互いに納得の内容だったようですね☆

受講生インタビュー


―アートについてはどんなことを教わりましたか?
このところ、ラメグラデーション(*)のデザインを集中的に習っています。
一番最初の授業の時に、先生から『あなたの思い描いているラメグラデーションを我流でいいので作ってみて下さい。
正しいとか間違っているということは問いません』と言われてとりあえず作ってみたんです。
そしてその後に、先生が見本となるデザインを作ってくださいました。
見本は、爪の形に合わせたカーブを描くものでしたが、やっぱり私と先生の見本は明らかに違いましたね。
先生の見本は、一言で言うと「お客様のことを考えているデザイン」でした。
先生は見本について詳しく説明してくれましたが、とても奥が深く計算された内容でした。
私が一番驚かされたのは、計算されつくしているのに、簡単にデザインが作れてしまうことです。
例えばラメの乗せ方、考え方、筆の使い方次第で、アートに無数のバリエーションが増えることと、簡単に施術が行えることなどを学びました。

―卒業間近と聞きましたが、実感はありますか?
そうですね、なんだかそう言われるとちょっと寂しい気もします(笑)
でも今は、これまで出来なかったことが出来るようなったことがとにかく嬉しいです。
例えばラメグラデーションとかは、それまでやり方すら知らなかったので。
あと、やり方を理解して練習を繰り返し行っていることで、施術のスピードはだいぶ速くなったなと自分でも実感しています。
明日以降は、オフ、ドライケア、クリアジェル塗布、アート作成といった全ての工程で時間を計りながら、本番さながらの練習に入っていくと聞いています。


―将来はどんなネイリストになりたいですか?
スクールの卒業が近くなってきたので、早くネイルサロンに就職したいという想いも日に日に強くなって来ていますが、うーん、どんなネイリストになりたいか…?
そうですね、やっぱり私はお客様のお悩みやご要望に的確に答えられるネイリストになりたいです。
―最後にこれから後に続く後輩にメッセージをお願いします。
自分で受講してみて、やはり実践的な内容だなと感じました。
1ヶ月という短期間で、接客できるレベルにしてもらえたことが、自分でも驚きです。
だからすぐにネイリストになりたいという人にはオススメします。
やる気次第で色々なことを教えてくれると思いますよ。

講師のモモセ先生から


―オオノさんのアート(ラメグラデーション)技術の習得具合はいかがですか?
粗削りではあるものの、全体的にアートのバランスが良くなってきていると感じます。
筆の使い方を覚えつつあるので、塗るスピードが速くなっていることと、細かい部分のデザインも改善しています。
今後必要なのは、ラメの粒子の大小にかかわらず、柔軟に対応できる技術を身につけることでしょう。
タイムレースを繰り返し行い、時間内に施術する感覚を身につければお客様へ施術できるレベルになると思います。
あと一歩で卒業が見えています。
―アートの授業を終えて、オオノさんの様子はいかがですか?
少しずつネイリストらしく見えてきました。
入校した当初と比較し、お客様目線での技術や対応がだいぶ自分のものになっていると思います。
本人はもちろんのこと、私も講師として嬉しい限りです。
ここからがネイリストとしてのスタートですので、お客様からのご要望に的確に応えられるネイリストになって頂きたいと思います。

オオノさん、1ヶ月間お疲れ様でした。
また、密着取材へのご協力ありがとうございました。
お客様の悩みや要望に的確に答えられるネイリストを目指して頑張ってください。
私たちも応援しています。

用語解説

用語をクリックすると解説が表示されます。

キューティクルオイル
クリアジェル
ダストブラシ
ラメグラデーション
ラメパウダー

用語集一覧ページ

-受講風景密着レポート

Copyright© 就職先100%紹介の実践重視ネイルスクール|ネイルプロ , 2018 All Rights Reserved.